関西デントリペアスクール• Hail Expert Japan Group・雹害修理

ミニジョンクーパーワークス

ミニジョンクーパーワークス
雹害車の修理です。 名前はミニなのに、かなりでかい車です。 めちゃカッコいい車です。 ジョンクーパーの名前復活してるんですね! うちにある昔のメイフェアはクーパーってエンブレム変えられてるぐらいミニ好きなら憧れの名前ですね。 ペイントレスデントリペアでの修理は、オリジナル塗装を残したままの修理なので、短時間で凹みを無くしていきます! 被害が少なかった(120箇所ぐらい)ので3時間ほどで修理完了です。ルーフ脱着が比較的簡単だったので(^^) 何事もなかったみたいに完璧に仕上がってます。普通の凹みもサービスで修理させてもらいましたが、それの方が実際はレベルの高い凹みなんです。 意外と時間かかりますが、普段の凹みと雹害の修復でかなりの経験積んでますのであらゆる場面で、短時間の対応が可能 [...]

雹害車修理

雹害車修理
今年は暑いですね! これだけ暑いと大変です。水分しっかりとって乗り切ります。 この雹害車は比較的ダメージがなかったので、半日ぐらいで仕上がりました! 雹のダメージでない普通の凹みもなく、極上車に戻りました。あとはビシッと磨くそうです。 最近自分の営業車が色々トラブルあって長距離は辛いです! 故障だらけを何とかしなければ!

プーリングでの不具合

IMG_7754
          雹害現場では必ず必要になるプーリングでの修復。 長年やってますが、塗装の種類やダメージ、コーティング施工なんかで色々と不具合が発生したりします。 よくあるのはクリアー層が剥がれたり、塗装まで剥がれるとか。塗装に悪影響を及ぼす使っては行けない溶剤なんかもあり、何度か引っ張ってると、熱と溶剤で塗装がやられて剥がれてしまうなんかもありますね。 火傷もして未だに痕が消えてません。 グルーガンが熱くなりすぎるタイプなんかも塗装には注意が必要です。 今回紹介の事例は新車なのにこんな事になる? ってものです。 塗装の種類やら焼き付け不足でもなったりしますが、たまに新車でもなるものがあります。同じ車種でもならないやつもあるので [...]

エンブレム内部の凹み

IMG_6191
  なかなか珍しい箇所の修理依頼です。 電話での問い合わせでもマーク部分が凹んでるとのことで、伺いましたらエンブレムの中でした。 このままではマークが邪魔で綺麗に直せないので取り外す事に。   まずは内装を脱着します。 リアガラス横の黒の内装には、ひもを引っ掛ける部分が付いております。 無理矢理ひっぱったら割れるでしょうね。 こんな変わったクリップです!ぱっと見はわかりません。丸い部分をひっぱるなんて想像もつかないですから。 慎重に横から覗き込んだりクリップを動かしてみたり色々確認していくと、 たいていの場合謎が解けてきます   初めて外すときは悩む部分ですね。 無事に全部バラシ終え、 内部側から凹みの箇所を見てみると、 以前どなたかが、修理を [...]

ルーフの凹み

ベンツルーフ
    外車のルーフにできた凹み 5センチ以上の渦を巻いた凹みです。 ビッグデントよりも伸びが激しく綺麗に直すには色々と手順やコツが必要になってきます! 失敗したら綺麗に揃わないので慎重に!     天井の内装を剥がすのが大変でしたが、綺麗に修復。 ものすごくダメージ部分にクセがついてて、プーリングでは厳しい凹み方ですね!

磨きガラスコーティング講習実施中

IMG_5759
ご自身で本格的なプロのコーティングしてみませんか? コーティング機材一式付きの格安技術講習になっております。 (格安設定の為、業販での受講は行っておりません。) 習得すると、ご自身の車以外に、家族の車、仲間の車など施工依頼が集まってくると思います。 時間がなければ、空いた時間でパネルごと磨いていったりってこともできます。 施工後のメンテナンスも自分で出来るので、技術覚えた方が経済的にはお得ですね! 技術的なものは専用の機械が全て解決してくれますので、 たった1日の講習でプロの磨きができるようになります。   かなりの傷だらけのボディー 光をあてると乱反射してギラギラしております。 濃紺車のボディーは磨いても磨き傷(研磨時に発生するオーロラマーク等)が出てしまい一昔前に [...]