関西デントリペアスクール• Hail Expert Japan Group・雹害修理

ガラススクラッチ傷除去

img_8829.jpg
最近台風の被害などで、フロントガラスやサイドガラスに、爪が引っかかるぐらいのダメージを受けたなどの問い合わせが増えてます。 本来なら爪がかかるぐらいのガラスの深い傷は磨いても傷は残り周りがかなり歪んでしまったりします。 歪みは傷が深くなればなるほど必ず発生しますが、極力目立たない少ない歪みで傷は消したいですね。 特殊な材料を使い除去出来ます。 傷除去、1箇所22000〜(2箇所目から割引) 作業時間1時間から(長さ、深さによります。) スクールでもこの技術を受講できます。

アルミメッキモール 技術講習 NEWバージョン

img_8447.jpg
欧州車に多いアルミメッキモールのくすみ   写真の軽いくすみは約1分ぐらいでくすみをほぼ除去した状態です。 この後2回目にさらに細かくチェックして、残ってる部分を除去するのですが、下の写真のプレスラインあたりに 少し残ってる部分があるのでその場所を部分的に施工すれば完了です。   専用の磨き剤を使ってもかなり時間がかかったり 薄くはなるが綺麗に取れなかったり、苦労してる方がたくさんいます。 特にコーティングの仕事で磨きをやってる方は、綺麗に仕上げるのですがモールを磨くだけで数時間も時間を費やしたり、磨き疲れてしまいその後のボディー磨きに影響したり、作業的に金額が合う追加料金を請求しにくかったりと色々話を聞きます。 私もつい昨年までは機械を使ったり色々特殊な [...]

ポリッシュとデントリペア

img_8725.jpg
中古車の磨き(コーティング無し)とデントリペア同時の依頼が増えてきてます。 磨きを施工してる車だけでなく、その他の展示車のデントリペアも同時に出していただく事が多いです。 この車種はアルミ腐食モール磨きも依頼されました。 ビシッと仕上がり磨きだけでもかなりの艶になっております(^^) 綺麗な中古車は見にきた日に購入予約入る事が多いらしいので、綺麗に仕上げる様に新しい技術をどんどん導入し、頑張っていきます。

コーティング前の下地磨き

コーティング前の下地磨き
車を仕入れた時に、展示する前の下地磨きなどが増えてきております。 販売する時に他店との差をつけれる重要な部分です!(凹みがあればそれも依頼されます。) 何故に下地だけかと言うと、車を購入したエンドユーザーさんが自由にコーティングの種類など、決めたりできるシステムです。 綺麗から保護したくてガラスコーティングする人もいれば、ポリマー(樹脂系)で艶と撥水を選んだり ガラスコーティングの下地に使える樹脂コーティングのダブルで濃厚な艶のを選んだり、 中には市販のガラス系コーティング剤が好きで、それを自分でかけたり持ち込んで施工して欲しいという人もいます。 購入側からすれば、自由なシステムなかなかいいですね! ワックス派もまだいてます。わたしもワックスは好きです(^^) 最近ほとんどやって [...]

3週間コース 割引キャンペーン実施中

4F105F37-EE39-4F1D-A9DC-9896CD154C71
10月から消費税が10パーセントになり、これから商売を始める方達の負担も増えてくると思います。 そこで格安3週間コースを現在の割引よりさらに15パーセント引きでキャンペーンを行っていきます。(2019年12月末まで) ※講習代の割引のみで、工具類は割引対象外です。    

使いやすいようにしてみるのもいいかも

IMG_4580
      生徒のツールの加工をやりました。 ホエールツールは基本的な使い方としましては、骨の部分に突き刺してツールをひねって押し出す使い方をします。(凹みによっては骨以外のぶぶんで、そのままプッシュして使ったりもします) デントクラフト社のすごく使いやすいツールです。ですが少し手を加えることでさらに使いやすくなります。   そのままでも十分なんですが先を鋭く削ります。 微妙な角度と薄さがむずかしい。 欠点としましては、突いた点が鋭くでたりするので慣れてないと難しいツールになってしまいます。 利点としましては、隙間があまりない箇所やシール(コーキング)が貼り付いてる部分の真上の凹みなどそのままサクッとツールが入りこんでくれます。スパチラな [...]

10日間の受講者の修理

IMG_1399
  基礎からしっかりと直し方を理解して、焦らず教えたとおりのやり方で突いていけば 10日の受講でも綺麗に直す事が出来ます。 器用さやセンスよりも、教えた事を素直に聞いて実行出来るかで仕上がりや上達レベルが変わります。 自己流でやっていくとなかなか上達しませんので素直な気持ちで受講して下さい! 私も受講中は、自分なりに器用で自信がありましたので、素直さが無く自己流になり、なかなか上達しませんでした! 今となっては反省しないといけない部分です。   だいたい10日ぐらいで3センチぐらいの凹みを直せる技術が習得出来ますので、それ以降は難しい凹みへの応用に入っていきます。 プレスライン上の凹みも5日目ぐらいから修復の基礎を教えてます。基本の突き方を理解していれば、プ [...]